スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

共に成長した成果

先日絶好調だったフランのお腹。
しかし、好調も2日であっけなく終了…

今朝ケージを見たら、極小のうんこがほんの少しだけ…
昨晩から兆候はあったんです。案の定…って感じ。

もうこの流れは慣れっこ。
※1番考えられる原因は発情だそうな

なので朝からギリギリの時間 までマッサージをして、回復の兆しを確認してから出勤。
※夜に入れた大量の牧草を完食していたので大丈夫だと判断
回復しなければ病院に行くと伝えておいた母からお昼に「うんこ出てるよー」の報告を受けて一安心し、
夕方から今の時間までのマッサージで、


今回も無事乗り切れました!うんこもりもり☆


切り札の生牧草お腹の温めに頼らずに済んでなにより。よかったよかった。


-----


P2061547_convert_20120206224656.jpg


最近がっついてくれる高原の朝採りティモシーミディアムソフトを大量投入。
主力のイタリアンライグラス温存で経過観察。


P2061552_convert_20120206224801.jpg


貴重な貴重な1つぶ。


P2061576_convert_20120206224906.jpg


じっとしてたけど、痛いのかな?


P2061582_convert_20120206225011.jpg


左:今朝  右:今晩


P2061586_convert_20120206225358.jpg


マッサージというか、濃厚なスキンシップ。

フランも甘えてくるから、悪くない。


P2061589_convert_20120206225452.jpg


長時間戯れた末、このありさま。

フラン、お疲れ様。よく頑張ったね!!



※病院へ行くタイミングもマッサージも飼い主の判断です。あしからず。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。